命をそそぐ時間。

20代半ば、何かに没頭しないと
やってられない時期があった。

その時に撮っていたのが、花でした。

当時はフィルム写真だけを撮っていて
大きなカメラで、
部屋の片隅で誰にも邪魔されることなく
自分の命をまっすぐに捧げながらの撮影は
わたしをものすごく癒してくれました。

夢中になれると、余計なものが入ってこなくなる。

あっちこっちから聞こえてくる誰かの声や
自分を責める思いが
その瞬間は聞こえなかった。

この時の一枚一枚は
今でも忘れられない。

大切な時間を生きた証。

PAGE TOP